ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
613

書籍|川瀬敏郎|花をたてる

販売価格(税込):
22,000
関連カテゴリ:
書籍
*1冊につき1000円の送料がかかります
*We accept the payment by PayPal. Worldwide shipment is available. Shipping cost and handling fee vary depending on the size and destination of the ítem. Please feel free to contact info@kogei-seika.jp


川瀬敏郎著
撮影|野中昭夫、青木登、菅野康晴
装丁|長田年伸
A4判 上製本 箱有 208頁
2021年7月20日 新潮社青花の会刊


「この国への遺言と思って取り組んだ本」──不世出の花人が15年の歳月をかけた集大成であり、花とは、日本とはなにかという問いに一身でこたえた、偉業というほかない書。『芸術新潮』連載「川瀬敏郎─たてはな神話」(2006-11年)を大幅に増補、加筆。


『花をたてる』は、いけばなの起源とされる「たてはな」と対峙したいという、私の積年の思いが出発点となっています。「たてはな」は、かたちは単純ですが、宗教と芸能の境にある際疾い花です。芸能に傾くと形式へ収斂され、「たてる」という本質からは遠退きます。私は、芸能の先にある、生命の始源へと通じる花を求めました。もとより正解などなく、「芸能の先の花」をかたちにするには、私自身が「たてる」を生きるしか道はありませんでした。試行錯誤の連続でしたが、至福の日々でもありました。撮影から15年を経て、「たてる」を生きた軌跡が1冊の本となり、ようやく私の手元を離れる時が来ました。お手にとっていただければ幸いです。(川瀬敏郎)


川瀬敏郎 Toshiro Kawase
花人。1948年京都市生れ。幼少より池坊の花道を学ぶ。日本大学芸術学部卒業後、パリ大学へ留学。演劇、映画を研究するかたわらヨーロッパ各地を巡る。74年に帰国後は流派に属さず、いけばなの原形である「たてはな」と、千利休が大成した自由な花「なげいれ」を軸に、花によって「日本の肖像」を描くという独自の創作活動を続ける。2009年京都府文化賞(功労賞)、13年京都美術文化賞を受賞。著書に『風姿花伝―日本のいけばな』(文化出版局)、『花会記─四季の心とかたち』(淡交社)、『川瀬敏郎 今様花伝書』『川瀬敏郎 一日一花』(ともに新潮社)など。
http://kawase-toshiro.net


目次
□玄人の花
□古層……土/ヒルコ/依代/スサノオ/常若/スクナビコナ/根の国/七枝刀/天の岩屋戸/神饌/荘厳/草木国土悉皆成仏/唐様の美/ハナ
□芸能……山をたてる/なげいれ/三具足/花王以来の花伝書/神の木/供花/ハレとケ/風姿花伝/七夕法楽/双花瓶/バサラ/少人の花/室町の美/再生/同朋衆/天地人/禅僧の花/禁忌/桃山の華/草木の風興/さび/入らずの森/花道/ツクヨミ/砂の物/専好立花/稲の国
□肖像……空海/西行/明恵/世阿弥/後鳥羽院/源実朝/能阿弥/雪舟/足利義政/一休/珠光/本阿弥光悦/千利休/松尾芭蕉
□祖形……宇宙樹/緑/神仏習合/平和/生死/水/縁起/鎮魂/花を生きる
□啓示
□あとがき

*以下のサイトではより多くの画像を御覧いただけます
https://www.kogei-seika.jp/book/hana_o_tateru.html


*クレジットカード決済以外の方法を御希望の方は下記までお知らせいただけましたら幸いです。

問合せ……青花の会|新潮社
T03-3266-5378F03-3266-5419info@kogei-seika.jp
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。