ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
166

講座|河島思朗|
ギリシア・ローマ神話21|
鍛冶の神ヘーパイストスの物語

販売価格(税込):
3,500
関連カテゴリ:
講座
■日時……2017年4月20日(木)18時半-20時半■開場18時

■場所……自由学園明日館■東京都豊島区西池袋2-31-3(目白)

■定員……25名

■内容……ギリシア・ローマ神話は聖書とともに、西洋の美術工芸を鑑賞するうえで大事な知識ですが、古典学者の河島思朗さんと神話を順々に読んでゆくことで、古代ギリシアとローマの人々が何を考え、どのように生きていたのかまで理解がとどく講座です。

■講師……河島思朗 かわしま・しろう
西洋古典学者。東海大学文学部ヨーロッパ文明学科講師。西洋古典文学、とくにラテン文学、ギリシア・ローマの神話を研究。首都大学東京人文科学研究科単位取得退学。著書に『基本から学ぶラテン語』(ナツメ社)、共著に『パストラル―牧歌の源流と展開』(ピナケス出版)。

■河島さんから……古代ギリシア・ローマの神話は、2000年以上経た今に伝えられています。それは、神話という物語が私たちを魅了しつづけてきた証です。古代の人々にとっても、その物語はおとぎ話以上の意味を持っていました。神話はある種の真実を語る物語だったのです。
■■この講座では、古代の文学作品や図像を通じて、ギリシア・ローマの神話を知り、その意味を考えていきます。また神話は文化の根底を支えるものでした。そのため、神話を取り巻く古代ギリシア・ローマの文化や社会にも触れることになります。
■■■古代のギリシアやローマは、地理的にも時間的にも私たちから遠く隔てられています。しかし神話が真実を語るものであるならば、その物語は私たちに何らかの「知」を伝えてくれることでしょう。神話との対話は、私たちを古代へといざなうとともに、そのまなざしは私たち自身へも向けられるのです。

■青花の会より……回をかさねる講座ですが、各回ごとの受講でも理解できる内容です。お申込みいただいた方には受講票を郵送いたしますので、講座当日に御持参ください。お申込みの受付は本サイトのみ(クレジットカード決済)ですが、他の方法を御希望の方は下記までお知らせいただけましたら幸いです。

■問合せ……青花の会/新潮社
T03-3266-5378■F03-3266-5419■info@kogei-seika.jp
数量: